テスト

  オーダースーツという言葉を聞いて、どんな印象を持つだろう。お偉いさんが着る高級なもので、お店に入るには気後れする、とかだろうか。 たしかにこの歳だと、まだまだ近寄りがたいイメージがあるのも事実。   けれど社会人になってもう数年が経ち、なんとなく自分に似合う色だったり形が分かってきたことで、『そろそろ自分だけの1点ものを手にしてみたい…』と考えている人はきっと多いはずだ。   でもいざ買いたいと思い調べてみても、情報が少ないことが僕たちを困らせる理由。 ネット上に溢れる有象無象の情報はいまいち感覚にフィットしないものばかりだし、インスタグラムで検索した結果もなんだかピンとこない。   気になるし、もっと詳しくなりたいけどどうすれば…と思い悩んでいたとき、『あ!』と思い出したのが泉(イズミ)さん。 銀座に本店があるオーダースーツショップ『FIVEONE』(ファイブワン)の店長だ。     共通の知人である伸太朗(シンタロウ)さんをきっかけに仲良くなり、今ではときたま飲む仲の僕たち。 さっそく思いの丈を伝えたところ、ぜひ一度店に来てほしいとのこと。   泉「僕はいろんな人、特にシュンくんのような20代後半の世代にもっと気軽にスーツを楽しんでほしいと考えてます。 セビロにはルールがたくさんあると思われがちですが、縛られることなく自由に着ていいんだよということを伝えたいんですよね。 だからそんなに堅くならず、一度試しに来てください!」   店の人がそう考えているんだと知れると、なんだか少し勇気が出てきた。   そういえば、それこそ伸太朗さんがオーダースーツに興味があるとこの前言っていたような…。 思い出して声をかけてみると、二つ返事で『行きたい!』とのこと。こうして僕たちは泉さんの待つ『FIVEONE 銀座本店』へと向かうことに。     古着にも合うオーダースーツを。   フリーの編集者・ライターとして活動する伸太朗さんは、少しいなたさを感じさせるアメリカンな装いがトレードマーク。 彼は100個以上のキャップコレクションがあるという、生粋のキャップフリークでもある。 今日は落ち着いたブラウン系のパンツとシューズに、パキっとした水色のシャツがよく映えるスタイリング。     伸太朗さんは普段スーツやジャケットを着る機会は少なそうだけど、今回どんなイメージを持っているんだろうか。...