【なつみが今、行きたい本屋 vol.2】新たな好きに出会えて、探究心くすぐる本屋『Totodo』

おうちで過ごす時間が増え、#ブックカバーチャレンジ なんていう企画もインスタグラムで流行ったりと、本に対する関心が高まっている近頃。

本のみならず、ライフスタイルの多様化も背景にして、街の本屋が注目されつつある様子。こうした本屋は選書のセンスはもちろん、イベントの内容や商品の見せ方など、お店独自の企画力が支持されている。

いわゆる大手には負けずにオリジナルなセンスを発揮していて、訪れるだけでもとってもたのしいんだ。

そこで僕らは考えた。ならば、今注目している本屋にその店ならではの魅力やたのしみ方を聞き、みんなが自分の好きな、ファンになれる本屋を共に見つけようじゃないかと。

このシリーズでは、普段は広報の仕事をしているなつみが今行きたいと思っている本屋に訪れ、みんなの代わりにお店の魅力を聞いてくるよ。

 

風間夏実(カザマ ナツミ)

株式会社エードットの広報。新卒で入った大手銀行営業職を3年経験したあと、企業広報へと転職。過去に大学のミスコンテストに出場し、現在も個人でモデルやライターの仕事も行っている。インスタグラムでは #なつたび #なつモグ 等のハッシュタグで、国内旅行や飲食店にまつわる情報を発信。フォロワー数は2020年12月時点で1万人を超える。

 

これから訪れる『Totodo』ってどんなところ?

『Totodo:東塔堂』(トウトウドウ)は渋谷の桜丘の坂道を少し登って、そこからまた少し歩くと見えてくる。

近辺は渋谷といっても人通りはまばらで、桜丘エリアはなんだかゆったりした時間が流れているような。

そんな場所に、丸く切り取ったような不思議なデザインの外壁が目にとまるアパートがある。その1階に店を構えるのがTotodoだ。

美術、写真、デザイン、建築関連の古書を扱う古本屋。元々は虎ノ門で2006年に開業し、2009年に今の店舗をオープン。

また、絵本も扱っていて、子どもから大人まで楽しめる古本屋『dessin』(デッサン)という姉妹店を中目黒に構えている。

 

一歩足を踏み入れると広がる、本との空間

店前の小さなかわいい看板を横目に、さっそく店内へ。

ぎっしり並んだ本棚に囲まれて、クラシックの音楽が店内に響く。入ってすぐの所には大きな平台があり、入荷した本がきちんと並べられている。

壁面には、ギャラリースペースもあり、本を楽しむだけじゃなく、作品を一緒に見ることができる。このときは『林青那』(ハヤシ アオナ)さんの作品が展示されていた。

 

Totodoの魅力とは?

部屋一面に並べられた本棚には、著名な作家や建築家の古本が並ぶ一方で、名前を初めて聞くような作家の本まである。そんなTotodoの魅力とはなんだろう?

店主の大和田さんに話を聞いてみよう。

姉妹店dessinとTotodoのディレクションを1人で行う。大学時代は写真学科で写真を学んでいたが、本の世界に魅了され、神田に古くからある美術の古本屋に務めていた。そのあと 、Totodoの前身となるオンラインショップを開設する。2009年にTotodo をオープンし、その3年後にdessinをオープンする。

 

なつみ「Totodoのお店の特徴はどんなところにありますか?」

大和田さん(以下敬称略)「Totodoは図書館のようなアカデミックな本屋をイメージしています。クラシックなものや古典的なもの、写真や美術、建築の歴史の中で重要とされているものをセレクトしています。

それでも、敷居がそんなに高くないようにして、別の方向でも見せれたらなと思っています」

なつみ「そうなんですね。なぜ、そのようなセレクトにしようと思ったのですか?」

大和田「私自身、歴史や過去を参照して、その人がどんなことをしていたかを深掘りすることが好きで、古典的なものを扱いたいという思いがありました。大学時代、閉館になった図書館に入れさせてもらって、本を読んだりもしていたくらいです」

なつみ「閉館の所にって、本当にお好きだったんですね! セレクトされる際に大事にしていることはありますか?」

大和田「印象です。簡単にいうと、人と会ってもそれぞれ印象があるのと同じで、本にもそれぞれの印象があります。見た印象で、いいなと思えるものを置いています。

あとは、定番のものがいつも置いてあるお店があるといいなと思っていて、20世紀のアバンギャルドは必ず置いています。

10年近くお店をやっていますが、基本的には置いているものに大きな変化はありません。

今後もここで長く続けていきたいと思っていて、あそこに行けばあの本があるよな、と思ってもらえるような本屋になればいいと思っています」

なつみ「変わらない安心感というか、また立ち寄りたくなる魅力につながっているんですね。

お店の空間もとても落ち着く雰囲気ですが、内装のデザインにもこだわりはあるんですか?」

大和田「店舗の内装は、<STANDARD TRADE>(スタンダードトレード)という家具屋さんに声をかけ、内装をすべてお願いしています。打ち合わせにじっくりと時間をかけて、結局3ヶ月ほどかかりました。

特に本棚は、本のサイズが納まるように幅を調節したり、見やすくする工夫をしたりして、すべてを別注で作っています。

また、その人の感性で好きなものを選んで買ってほしいという思いと、自分自身も自由に見るのが好きということもあって、店員との距離感を心地よく保てて、狭すぎない内装にしました」

 

Totodoで出会ったお気に入りの本たち

お店の魅力をたっぷり知ったところで、店内を物色。なつみが気になった本たちを紹介してもらおう。

other mementos [Signed] - 幸本紗奈

なつみ「日本の写真家さんだ! と思って目にとまりました。表紙のエンボス加工の文字や綺麗な色の本の装丁デザインが気に入りました。

写真の色味が全体的に青っぽく、雰囲気のある写真がすごく素敵です」

大和田「この方は、国内外で撮影した作品を、数ヶ月前にここで展示していた写真家さんなんです。写真は国内外で撮影したものですが、絶妙な色味で、渋いというか、情深い感じですよね」

Andata - Ritorno - Nathalie Du Pasquier(ナタリー・ドゥ・パスキエ)

なつみ「イラストの色使いや柔らかいタッチが気になりました。日常的なもの、スニーカーや歯ブラシなど、そういったものを平面で描いているところがすごく好きだなと。

私の好きな『Philippe Weisbecker』(フィリップ・ワイズベッカー)の絵の雰囲気に似ているなと思い手に取りました」

大和田「確かに。少し雰囲気似てますよね。彼女は、メンフィスというイタリアのデザイン集団の1人で、けっこう年配の女性の方なんですよ」

左:Do Insects Play?、右:Daily Practice - Johanna Tagada

なつみ「まず、手紙がついてる表紙の装丁に目がいきました。イラストがすごくかわいいのと、ページの数字のデザインがおもしろい! それに、日本語の記載があるんですよね。彼女はハーフとかですか?」

大和田「彼女は、イギリスを拠点とするフランス人の女性アーティストです。彼女は、現代の茶文化を伝える<Journal du Thé>(ジャーナル デュ テ)という雑誌を手がけていて、日本文化にも詳しいんです。

表紙の手紙は、買った人にしか開けられないものなんですよ」

 

なつみが感じたTotodoの魅力

ー ー Totodoの訪問はどうでしたか?

「古本から新刊まであり、ジャンルも広くキュレーションされているので、じっくり見ていくと結果的に自分の好きなものがわかってきてすごく面白いなと思いました。

私はアートも好きなので、名前で分かるアーティストの本もありましたが、全然わからないものもたくさんあって。

そんなときに、自分の好きなアーティストと似たものを手に取り、好きなアーティストを新たに見つけるという体験ができて新鮮でした。

感性を磨いていくというか、パラパラって見ていくだけでも、いろいろつまみ食いができるというか。

店内もいい意味で綺麗すぎない雰囲気で、すごく居心地がよくて、好きなものをゆっくり手にとれる空間だなと思いました」

 

お気に入りの本屋に出会う日を夢見て

vol.1の『SPBS本店』に続いて、今回はアートブックや写真集の取り扱いをしているTotodoを訪れたなつみ。

本、と一口に言っても、さまざまなジャンルがある。美術や写真、建築、ファッション、自分の好きなものってどんな共通点があるんだろう?

もっと知りたい、自分でどんどん調べてみたい。Totodoは、そんな探究心をくすぐってくれる素敵な本屋だ。

まだまだ、いろんな本屋を巡って、自分の好きを見つけていこう。さて、次はどこの本屋に行こうかな。

 

僕らの友達について

■風間夏実(カザマ ナツミ)

Instagram:@natsumi_kazama

 

今回訪れた場所はこちら

■Totodo:東塔堂(トウトウドウ)

Totodoに行けば、あの本があるかな? と思えるような近現代の定番の本を中心に、美術、写真、デザイン、建築関連の古書を幅広く展開している。一方で、新刊の本やギャラリースペースも併設しているため、ふらっと寄るたのしさも。

住所:東京都渋谷区鶯谷町5-7 第2ヴィラ青山1F

Instagram:@totodo_books

公式サイト:totodo.jp

※営業時間や定休日などは上記Instagramや公式サイトのご参照をお願いします。

 

記事の創り手について

■ナカヤマ ハルカ – 取材・執筆

1日のなかで、寝る前に明日着る洋服を考える時間が一番好きです。洋服以外にも、音楽や本、なんでも、日常にもっとワクワクを感じられる瞬間をたくさん見つけていきたいと思っています。その発見したワクワクを、記事を通してお伝えしていきます。

Instagram:@hanmkyu

 

■ジツカワ タクミ − 編集

ジツカワタクミ

“たくさんの人には知られていないけど、強く光るものにスポットライトを当てていく意識” を大切に、街やお店、モノや人に寄り添ってお伝えしていきます。

Instagram:@jitsu_tkm

 

■シュン − 撮影・編集

チトセの代表と編集長、カメラマンを務めています。“僕らがたのしく生きるために” をテーマに、親しい友人から話を聞いているような、そんな等身大のメディアを目指して。「楽しいから楽しむのではない。楽しむから、楽しいのだ。」という言葉を大切に日々を生きています。

Instagram:@shun_booooy

 

 

SNSを更新しています!

 

  

 

【なつみが今、行きたい本屋 vol.2】新たな好きに出会えて、探究心くすぐる本屋『Totodo』

Spotify

毎月さまざまなテーマで音楽プレイリストを配信中!
こちら からチェック