社会という広い世界に出て、しばらく経つ。都会の喧騒に疲弊し、時間に追われる毎日。次々と現れる壁だって、もちろん想像していたはずなのに。少しずつ心が削られていくみたいだ。そんなときは、幼き頃を過ごしたあの場所に戻って。いつかの記憶に思いを馳せてみよう。優しい陽の光が、きっと包み込んでくれる。

この瞬間があたりまえに続いていく。そんな根拠のない自信をもって過ごしていた、懐かしい日々。今となっては、何も気にしない、その何気ない瞬間が、とても愛おしく、美しく感じるんだ。もう一度、雲が消えて青空が見えるように、失われた日常に色を取り戻したい。これは、チトセがフィルムカメラで映しだす “愛おしい日常”。

四季は流れるように移り変わるけど、ひとつひとつの季節を大切に、楽しみながら過ごしたい。秋といえば、わくわくするのが “食欲の秋”。なんだかお腹が空いてくるこの季節、美味しいものに囲まれて過ごせたら幸せだよね。これは、チトセがフィルムカメラで映しだす四季と君との物語。第1弾は、タレントとして活動中の田崎さくら。

Spotify

毎月さまざまなテーマで音楽プレイリストを配信中!
こちら からチェック